SMC行動医学研究所のホームページが新しく生まれ変わりました
   ↓
⭐️オフィシャルホームページ
http://smc-lab.com

⭐️SMC行動医学の講演語録(ブログ)
http://smclab.blog.fc2.com

SMCHP


(ホームページのお引越しについて)
長らくここのホームページを利用させていただいておりましたが、サーバーが古いためバージョンアップがしづらくなったため、心機一転してホームページを新しく開設する運びとなりました。

皆さま、今後ともSMC行動医学研究所のホームページをよろしくお願いいたします。
皆さまのお越しをお待ちしております。

事務局

 

夢案内〜受け取った合格証書

On 2017年2月2日, in 日々の出来事, by 事務局

SMC行動医学療法の創始者
古園井重敏先生が受け取られている夢案内です

ーーーーー
2017年1月26日

私は、毎月8日は特別の日としています。
2017年1月8~9日の夢案内はとてもリアルでした。

貴方の“論文は合格”しました「合格番号165号」です。

そしてさらに4~5人の集合写真入り”でした。

これを頂けるまで22年間を要しまして、23年目と1日である2017年1月8日でした。

この事をよくよく考えたら「超能力者、故神谷泰弘先生の命日が1月7日」です。

毎月8~9日に多くの夢案内が集中したのでしょう。

「超能力者、故神谷泰弘先生」との関係の概略を説明いたします。

平成6年当時神戸在住でありました。
神谷泰弘先生は、お弟子さん数名と福岡県八女市の当整骨院に約5~6回お見えになり、用件として「私の不思議な力を伝えやすいようにして、世の中に出して欲しい」というものでした。

神谷先生の数々の不思議は沢山の方や写真で拝見していたのですが、もう一つ確信に至らなかったのですが、神谷先生は次のことを予知されました。

「私は大阪湾を中心にした大規模な地震を抑えています。私の死後10日にそれは起きるでしょう」

神谷先生は平成7年1月7日に死去されます。
私も数人と神戸での葬儀に参列させて頂いたのです。

・・・・そしてそれは起きました。

先生の死去から10日後の1月17日の<阪神淡路島大地震>です。

それから私は、未曾有の惨事が起きないようにするには「どうしたら良いのか」問い続けました。

その問いに対して23年後の1月8~9日に、一つの目安が出来ました。

それが「地球環境に優しい“エコ人間”」に成長する事を主体にした行動医学です。

これから徐々に紹介してまいります。

SMC行動医学創始者
古園井 重敏

 

夢案内

On 2017年1月9日, in 未分類, by 事務局

SMC行動医学療法の創始者
古園井重敏先生が受け取られている夢案内です

ーーーーー
2017年1月9日

合格した夢でした、顔写真に番号入りでした。
その論文は55~59ページの修正資料です。
成果を見ながら公開して参ります。

 

2017′ 謹賀新年

On 2017年1月1日, in お知らせ, 日々の出来事, by 事務局
あけましておめでとうございます
2017年の幕開けに“お宝さん”のエネルギーを贈ります
“お宝さん”のエネルギーは、人々が集い合い、健康に満ち溢れ、幸せをもたらす力です

自分の中にある「陰」のエネルギーを解放するためには、人と交流すること、いろんな人と出会う事が大切で、一人の世界にばかり閉じこもってはいけません
人々との絆を結び、地球上の全生命との共存と奉仕を積み重ねることで、そのエネルギーは無限に溢れてくるようになります

日々、行動医学を繰り返しながら、“お宝さん”のエネルギーを受け取ってください
皆さまと共に、笑顔と微笑みが絶えない一年でありたいと思います
本年もどうぞよろしくお願いいたします

2017年 元旦

SMC行動医学研究所
所長 古園井重敏
 

父からの夢案内

On 2016年12月8日, in 日々の出来事, by admin

今日は亡き父・古園井通の命日です。

私は休む時に
日々の出来事を「イメージ」して休みますと
かなり高い頻度で
「父からの夢案内」に出会えます。

それはどういう意味ですよとか
等方向性やヒントを頂けます。

そのヒントに治療家として
日々研鑚してきました事を
12月10日研修会で話します。

SMC行動医学研究所
創始者・所長
古園井重敏

 

今日12月7日八女の平野部に「初霜」が降りました。

コトワザに人の噂も「75日」すると忘れられる
言い伝えと同じように
モズのその季節の「初鳴き」から
75日すると
「霜が降りる」と言われている事を聞いて
今年の初鳴きから93日めでした。

18日遅れたことになりました。

SMC行動医学研究所
創始者・所長
古園井重敏

 

SMC高次元セミナー9期が始まります

On 2016年11月12日, in 未分類, by 事務局

2年ぶりとなりますが、
SMC高次元セミナー9期が
2016年11月12日よりスタートします。

これまで構築してきたSMC行動医学の極意を
また新たなステージの中での勉強していきます。

9期からは、SMC行動医学の基礎と高次元レベルを織り交ぜながら
わかりやすく丁寧に学びを深めていけると幸いに思います。

誰もがこの療法を自信を持って活用していけるように
皆さんと一緒に取り組んでいきたいと思います。

S__63356932

 

(研究所に届いた体験談より)

私は介護の仕事を始めて3ヶ月になります。

入居者30名が認知症。そのうち身体的な病気を抱えた方が22名のホームです。

日常生活のほとんどが認識できず、言葉でのコミュニケーションをとる事が難しく、意識は今ではなく、いろんな時間や場所を行ったり来たり。不穏状態になると、妄想、暴言、暴力、徘徊等、耳の不自由な方もいらっしゃいます。

この中でのトイレや食事や入浴介助、キャパシティの狭い私は、ペースの違いや、相手に伝わらない事の難しさに、鬼の角が出そうになるのを引っ込めては、また出るの繰り返し。

そんな中、レクレーションの担当をする事になりました。何をさせていいのか分からず、話の間ももたず、1日担当するのでもやっとなのに、毎日毎日のレクに仕事に行く事が恐怖になりました。それでも毎日前に立たなければならず、ネタもつき頭が真っ白になって言葉も出なくなった時、とっさに出てきた言葉が「今日はみなさん!脊柱起立筋を鍛える体操をしましょう!」でした。

古園井先生の言葉の中に、脊柱起立筋が弱くなると寝たきりになってしまう、というのがあったのを思い出し、今のホームの人達に合っていると思い体操をする事にしました。

体操のやり方はその場での思いつきですが、背中をねじる、伸ばす縮めるの動きを行い、最後に隣の人同士、脊柱起立筋をグーの手でさするという体操でした。

いつもの体操とは明らかに反応が違いました。体操の最中いつもより声に出ている言葉の種類が多く、感じている事がそのまま声に出ていて、声にいろんな色がついているみたいでした。いつも強張っている無表情さがゆるみ穏やかさを感じました。

「みなさん!何か感じる事はありましたか?」の質問をしてみると、いつもは返ってこない言葉がちらほらと…。

「なんか分からんばってん意味は分かっ!」「背すじの伸びた!」「隣の人の背中の固かった!」そして、笑顔、笑い声が多かった事。

いつもは無い反応に嬉しくなり、毎回少しずつSMCで学んだ行動医学をやってみようと思いました。

そして、今回最も大きな変化があったのが「鬼は鎮まる」の行動医学でした。

朝のデイサービスのはじめに、「脳を穏やかにする形」としてみなさんと一緒にやる事にしました。大きな声で数字をかぞえながら、側頭骨と鎖骨にグーの手を当てる。

この行動医学のあとに、いつもの体操を行ったのですが、この体操に変化がありました。

いつもは、体操をする人、体操はするけど動きが小さい人、机にふせて体操しない人、体操自体に意識がない人に分かれているのですが…。

行動医学を行ったあとは、体操をする人の動きは指先、足先まで神経がかよっている感じ。動きが小さかった人は大きな動きになり、机にふせていた人はイスごと私の方に向き体操をするという変化がありました。ちなみにこの方は耳が不自由です。

全体的に1人1人の集中力がすごかったように思います。そして、「今日はよく眠れるごたっ」という声もありました。

集中するという事は不穏がなくなるという事。まさに鬼が鎮まるという事だと思いました。

言葉が通じなくても、意思疎通ができなくても、ホームの方も私も同じ空気になり、それは1つのような、1のような感じでした。本当の自分の姿という感じがしました。

この感動で、この一瞬私の鬼が鎮まるのを感じました。

これを続ける事で少しでも長い時間ホームの方のおだやかな状態が続くのではないかと思いレクに行動医学をとり入れていきたいと思います。私も一緒に自分の鬼が鎮まるように続けていきたいと思います。

※不穏(ふおん)

周囲への警戒心が強く興奮したり、大きな声で叫んだり暴力をふるったりしやすい状態。臨床では、環境の変化に対する不適応や過度のストレスによって生じる事が多い。
統合失調症、うつ、アルコール性障害、せん妄などの精神疾患が関与しているケースもある。

 

~地球は人間がノイズを消し全生命との共存と全生命を供養し弔うことを望んでいます。~

一つ、体からノイズを出す。

二つ、全生命を弔い供養する。

三つ、エゴを減らし、思いやりの心を持つ

グレートサムシング(神)は釈迦・モーゼ・イエスなど神の言葉を伝え人々に正しい方向へ導く指導者をこの世に多く出現させました。そしておよそ1500年ほど前に現れたムハンマドが最後の預言者と言われ、神や聖人の望みも空しく数千年経った今も争いが絶えることはありません。現代のように情報が氾濫して既に言葉で伝えることに限界がきている・・・これからはみんなが原点に返り言葉以外の力で伝えられる自分になろう。と、基本的能力を作ろうとしています。

SMC行動医学には原因を対策する方法があるので必ず良い方向へ向かいます。何故なら、地球が求める穏やかな生き方であり魂や生命も蘇って元気になるからです。

〈 ノイズを消す 〉

◆基本の手‘三位一体の手’を両手にイメージして‘いのちを守るエネルギー’を作ります。

◆バージョンアップした‘ノイズを消す’行動医学のご紹介です。

1.両掌に太陽(夕日)をイメージします。

スクリーンショット 2016-05-10 20.28.23

朝・夜、顔を洗うときにイメージするとノイズは消えます。
仕事や家事をする時にも夕日をイメージした手で行うと良い変化も表れます。

2.夕日をイメージした手で手や足など体をさすると全身の細胞に伝わり基礎代謝も整い始めます。

ひざの裏・両足のアキレス腱や大腿部(ふともも)など下半身には重力によって気・血・リンパ液などが滞りやすい部分ですから毎日この手でさすって疲労物質を排出しましょう。

◆最後はおへそに両手を重ね、エネルギーを収めて終功です。

次回は、「全生命を供養する」の行動医学をご紹介します。

投稿者:新井

 

この度の地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしています。

~地球は人間がノイズを消し全生命との共存と全生命を供養し弔うことを望んで
います~

『不安や恐怖を取り除いて立ち向かう力を備えましょう』

地球は生命体です。およそ46億年前に誕生した地球はずっと進化し続けています。
地球の全生命も、また、魂も同じです。命や魂の進化に見合う体作りが必要です。
ネガティブなことに目を向けず次の3つの能力を身に付ける努力を一人ひとりがしていれば穏やかな心がやがて地球の安定につながります。
一つ、 体からノイズを出す。
二つ、 全生命を弔い供養する
三つ、 エゴを減らし、思いやりの心を持つ

〈 ノイズを消す行動医学 〉
初めに、大きく深い深呼吸を三回ほど行い、気持ちを整えましょう。
① 前回紹介した“三位一体の手”を両手にイメージします。

スクリーンショット 2016-03-25 23.35.33

② へそに手の平を当てます。

③ その上にもう片方の手に‘虹に+-の指輪をはめた親指と人差し指のミロクの手’
をおきます。
・ それぞれ行う功法時間は21秒以上するとよいでしょう。

スクリーンショット 2016-05-04 22.05.24

〈 魂を脅かす毒を排出する行動医学 〉
① へそに右手の平を当てます。
② その上にもう片方の手に‘虹に+-の指輪をはめた親指と薬指のミロクの手’
をおきます。

スクリーンショット 2016-05-04 22.05.57

(毒の予防)
へそに当てている右手合(ごう)谷(こく)(親指と人差し指の間)の上に②のミロクの手を当てます。

160504-5

ストレスや悪に影響を受けない体を作る行動医学 〉

① みぞおちに下のマークをイメージします。

スクリーンショット 2016-05-04 22.06.14

② その上に手の平を当てもう片方の手で‘三位一体の手’の手刀部(小指側)を当てます。

160504-8

③ 最後にへそに手の平を重ねおきエネルギーをおさめます。(終功)
一日何回行っても良いです。ノイズは毎日体から排出することで脳や心の恒常性が保たれます。

投稿者:新井